FC2ブログ

わびすけ☆、 ぶらり”カメラ散歩”!

--------------鎌倉・横浜をぶらり散歩、自然のリズム・日本の七十二候を楽しんでいます。

☆薪能、称名寺に行ってきました。

  1. 2006/05/03(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
◆今夜、横浜/金沢文庫にある称名寺で、薪能が行われました。

自宅近所なので、自転車で行ってきました。ž
称名寺の赤門から参道を抜け、仁王門を通りますと、金堂前に浄土式庭園が広がります。
庭園内の苑池にかかる朱色の平橋、反橋が、新緑の裏山、園内の木々に映えて、とてもきれいに映る季節です。ͤ
毎年、開演に少し早めに行って当日券を自由席で購入。
聞くところによりますと、今年は1000人以上が参加していたようです。
称名寺園内の櫂の木がある広場に、特設能舞台が設置されます。

夕方17:30に開演。この頃はまだ明るいですが、地元のセミナ受講生による連吟、仕舞が終わる頃には一段と陽が暮れてきます。その後、かがり火に、火入れ式が行われ、いよいよ薪が点灯。
薪能の始まりです。
その後、狂言と能が披露されます。

今年の狂言の番組は、「舟ふな」
野村萬斉さんが毎年演じてくれます。これはいつもわかりやすい。ޥ

能の番組は、「半蔀 立花供養(はしとみ りっかくよう)」
源氏物語にも登場する夕顔を君(精霊)の物語だそうです。
四季折々の称名寺の境内の花を思い浮かべるよう、生花を添えた舞台ができあがりました。
事前に解説もあり、パンフレットにあらすじも入っていますので、初心者でも堪能できました。ޥ

薪能が終演して池のほとりまで下ってきますと庭園内のライトアップに参加者が全員が感嘆!!
金堂が青色、反橋が赤色のライトに輝いていました。
その姿が、苑池に映り、鏡のように上下ペアで見ることができました。
スポンサーサイト





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY